水漏れなどの水のトラブルは修理の前に焦らない

水道で起きる水のトラブルで最も怖いのは水漏れです。さまざまなところに被害が広がりますし、あまりの状況にパニックになってしまうこともあります。早期に修理をする必要がありますが、水漏れの時にどうするのか、しっかりと決めておかなければいけません。

■ちょろちょろと漏れる

水道の水漏れは大きな被害を生み出します。強い圧力がかかっているため、ほんの少しの異常でも吹き出してしまうことがあります。また、場所によっては止める方法が限られているところが問題です。
台所のように蛇口がある場所であれば、ちょろちょろと漏れてくることが基本です。対処もできますが、まずは焦らないことが大切です。

■止水栓を締める

水のトラブルで水道管などから噴出してしまっている状況では簡単に止めることができません。その場合は原因を突き止める必要がありますが、原因が分かっても水を止められないことがあります。こうした場合で重要になってくるのは、なによりも落ち着くことです。近くに止水栓があれば締めれば止まります。手で回せるものもありますが、ドライバーが必要となる場合もあるため、落ち着いた対処が必要です。元栓を締めるのも方法の一つであるため、覚えておくと安心です。

■まとめ
修理をする場合にも、とにかく焦らないことが一番です。元栓を締めるといっても、場所がどこにあるのかわからないということもあるでしょう。場所を調べておき、何かあったときにはすぐに対処できるようにしておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ