水道の蛇口の劣化から起きる水のトラブルの修理

水道で起こる水のトラブルとして、単純に蛇口が劣化してきてしまい、不具合を生じてしまうことが挙げられます。不具合の種類もいろいろとありますが、交換も考えなければいけません。

■水漏れのトラブル

例えば、床下や壁などの内部に埋め込まれている箇所からの水漏れはすぐに気付くことが難しいものです。万が一気付くことが遅れた場合、時として建物に深刻なダメージを及ぼす恐れもあります。原因の多くは内部のパッキンの劣化であり、うまく水を止められなくなっている状況でしょう。蛇口をひねらずに漏れてきてしまう状況では、水道代にも影響を与えることになるため、早めの対処が必要です。

■本体の交換も

蛇口の本体が緩んできているときに、大きなトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。ここから水漏れが生じてしまうだけでなく、錆びなどの問題も出てくるでしょう。
部品の破損や欠損といった部分もトラブルとして回避できない部分です。少しの破損であれば部品の交換で済むこともありますが、ほとんどの場合では蛇口事態を蛇口 交換することになるでしょう。

■まとめ
一般的に蛇口などの部品は、必ず経年劣化するものと考えておかなければいけません。だんだんと傷みが出てくるようになり、修理をしなければいけませんが、10年を過ぎると大きなトラブルが出るようになっていきます。ひとつの目安でしかありませんが、この段階から大きな水のトラブルが起こるようになると考えておくと交換の目安にもなるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ