トイレの水道管で水漏れなどの水のトラブルが起きた時の修理

トイレで水のトラブルが起きるというのは、本当に困ったことです。トイレが使えないだけではなく、大量の水漏れがトラブルにつながってしまうでしょう。トイレの交換をしなくてはならないケースもあります。特に水漏れが床に大きな被害を与えると、マンションなどでは下の階にもダメージを与えてしまいます。

■タンクにつながる給水管

水のトラブルとして考えた場合、タンクには水道から給水管がつながっています。タンクレスのトイレも増えてきていますが、水をためることができなければ使うことができません。水で流すのが水洗トイレだからですが、常にそれだけの圧力を水道管から受けています。水漏れが起きてしまうと、それだけの圧力で噴出してくることも予測できるでしょう。

■ゴムパッキンは劣化する

トイレの水漏れの大きな特徴は、タンクとの間に配管があるというところです。水道から見ていくと給水管がありますが、この部分のナットが緩めば、当然水漏れを起こします。水道に接続しているため、ここにはゴムのパッキンが使われており、経年劣化も進んでいくため、交換も必要です。修理をするときにモンキーレンチだけでもナットを緩めて交換できる場所もありますが、構造によっては特殊な工具も必要です。

■まとめ
水道の止水栓も水漏れなどの水のトラブルを起こすことがあります。多くの水が噴き出して止まらなくなることが考えられるため、冷静に対処することが必要でしょう。対処の方法が浮かんでこないときには、専門業者にすぐに依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ